EARTH HOUR 2020 in Yokohamaに消灯施設として参加できました


Pocket

 

 

アースアワーをご存知ですか

「Earth Hour(アースアワー)」は、世界中の人々が、同じ日・同じ時刻に電気を消すなどのアクションを通じて、地球温暖化を止めたい!という思いを示す、国際的なイベントです。

arth Hour 公式動画
Earth Hour 2020 Official Video – ft. “Rock the World” by The Script

#EarthHour #Connect2Earth

WWF公式動画
Earth Hour(アースアワー)

横浜市とWWFの協働で実施しました

3月28日(土曜日)の20時30分から1時間、照明を消すことで、「美しい地球を残したい!」「地球の環境を守りたい!」という想いを消灯のバトンにつなぐ、世界規模の環境キャンペーン『EARTH HOUR(アースアワー)』をWWF(世界自然保護基金)ジャパンと横浜市の協働で実施しました。

横浜市では、2014年から消灯に参加しています。

横浜市とWWFジャパンは環境分野での連携協定を締結し、この活動の普及啓発に取り組んでいます。

 

 

OGAWAも消灯施設として参加しました

2020年は横浜市より旭エコキャンドルナイトの事務局でもある「OGAWA」も事前にあった横浜市の参加施設の募集に参加表明させていただきました。

画像2

テクノロジーの進化で我々のような小規模店舗にまでこのような情報が行きわたるようになりました。その結果、名立たる有名企業と肩並べてこのような世界的キャンペーンに参加できるようになりました。

お店で電気の明かりを消してキャンドルの灯でタコ焼きパーティーする予定でした。

 

 

そばにいなくてもZoomでつながり

諸般の事情により、当日はお店に多人数で密集することは断念しました。そこで当日に集まる予定だったメンバーたちとzoomを通じてオンラインでつながりそれぞれの部屋の電気を消して参加することにしました。

 

 

世界へメッセージをおくることができました

市内の多くの施設、市民・企業の皆様とともに、20時30分から1時間、あかりを消して、世界の国々とともに、#温暖化防止 と #環境保全 のメッセージが発信できました。

世界各地の飲食店が営業自粛までいわれるなか、このように施設運営を自粛するところまではいかずにメッセージをおくることができたのは、この国の対応が適切であったからです。関係者皆様に感謝もうしあげます。

参加したくても営業することすらかなわなかった国々の方たちにも愛と願いを込めて

#PeaceFoever #afterCOVID

広告
スポンサードリンク

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。