ウィズコロナ時代へのロードマップ


Pocket

OGAWA

100年に1度の社会変革において収束までの2年以内に日本が仕掛けねばならないロードマップをまとめました。このとおりに仕掛けられたら次のウィズコロナ時代に豊かな資産を形成していくことが可能になるとみています。

4月1日に書いた #アフターコロナ へのロードマップの内容を再考しこの1か月間でまとめなおしました。

このまとめから詳細に練り直したのが以下のまとめです。

もちろん自分の考えが完璧なものだとは思っていませんが

変革の時代に新しいことを考えるだれかの一助になれば幸いです。
この変革の波をつくった人が100年生き残る時代をつくれます。

変革の時です。
変わるのではなありません。変えるのです

▼リモートワークをあたりまえにさせる

仕事は在宅で極力できるようにしていきましょう。

まずはリモートでコミュニケーションを取ることができることを学ぶことが大切です。 #zoom飲み会 を経験することで離れていてもコミュニケーションが可能であることを体に覚えさせましょう。

▼オンライン学習をあたりまえにさせる

仕事もリモートならば教育もリモートでできるようにシフトさせていきましょう。

教育についてはシンギュラリティを意識して未来を考えていくべきです。

日本のICT教育の遅れは自分らの責任です。
これからのお年寄りも含め未来の子供たちのために長生き税を払って負担していきましょう。

▼地方移住をしやすくさせる

仕事と教育がリモートでできるようになると労働環境という足かせが外れます。あえて感染媒体となる都市部に居住する必要がなくなるので感染リスクの少ない地方に移住していただけるように整備していきましょう。

#安宅和人 教授が #シン・二ホン で主張している #開疎化 を目指した世の中づくりをしましょう。

▼犯罪を抑制させる

外出制限があるとトラブルのリスク自体が減るはずなのにもかかわらず、あえて実刑を狙いに行く凶悪犯罪が不幸にもみられるようになってきます。その凶悪犯罪を犯させないような仕組みづくりが必要になってきます。防犯意識、自警意識を高めて #相互監視社会 を形成させていきましょう。

▼国家権力を強くさせる

個人がスマホを持つ時代です。
ビッグデータは活用されなくては意味がありません。
データが有効に活用され運用されていくように国家がデータ活用ができるように仕向けることにも協力していきましょう。

▼新たな価値を創造する

経済活動も停止させられているのに十分な補償もなく家賃モラトリアムが長期化させられるようになれば既得権益を持っている人間だけが貨幣を手にして活動しているのが目立ちはじめます。権利の上であぐらかく人たちだけが貨幣や通貨を手にするように見えるようになり、経済活動に参加できずにいる人は貨幣を手にすることができない人は新しい経済活動を考えざるをえなくなります。

そのようになれば貨幣経済そのものに対する信用を失わせる動きに協力することも大切です。どうせ貨幣は紙切れに人間が付加した価値です。貨幣経済に参加させてもらえないなら貨幣に変わる新しい価値を見出して、その価値を中心に経済を回していくようにすればいいだけですから、ここに貢献したものは次の100年時代をつくることに貢献します。

#岡田斗司夫 さんが2011年に提唱した #評価経済社会 も実現させることも可能であるとみています。

それに加えてデータも貨幣と同じくらいの価値を持つようにさせることも可能であると見ています。

画像1

高級車やブランド品など高い商品を身にまとう #見栄 や #既得権益 に対してお金を使うものへのうんざり感が新しい価値を生み出していこうとする原動力となります。自然と新しい価値はあらわれていくのでしょうから #脱貨幣 、 #脱通貨 を目指して行動していくことが未来をつくることに貢献できると信じています。

//////////////////////////////////////

(2020年5月2日 12:35:50) 一部文修正 ▼新たな価値を創造する

広告
スポンサードリンク

Have any Question or Comment?

One comment on “ウィズコロナ時代へのロードマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。