横浜市の飲食店を救うクラファンご存知ですか


Pocket

OGAWA

2020/5/23追記 ヨコハマ経済新聞の記事を追加

横浜市食品衛生協会が中心となり飲食店を救おうというプロジェクトがはじまっています。

横浜市食品衛生協会の八亀会長には日頃よりお世話になっております。

リターンにエコキャンドルで協力申出

遅くなりましたが旭料飲こと旭料飲喫茶事業組合の広報活動につかっているエコキャンドルをリターンに提供できないかという申出を横浜市食品衛生協会にさせていただきました。

画像1

リターンとして24コ1000円でお求めいただけるようになりました。2020/5/22現在

リターンを選択リターンを選択できますcamp-fire.jp

旭料飲とは

旭料飲こと旭料飲喫茶事業組合は旭区食品衛生協会の下部組織となります。

画像2

旭区食品衛生協会には料飲組合のほか、酒販組合、すし組合、そば組合、魚商組合などがあります。今回のクラウドファウンディングは料飲組合のみならず、この食品衛生協会に入っているすべての飲食店に支給することを目指すプロジェクトとなっています。

エコキャンドルナイトで使われています

エコキャンドルは飲食店などから出た揚げ物油などの食廃油を再生したものです。旭料飲ではこの廃食油の回収に協力しています。

画像3

リターン協力に申出したエコキャンドルは旭エコキャンドルナイトで使用されているエコキャンドルです。

旭料飲の協力店から出た飲食店の廃油が使われています。

2016年から活動しています。

画像6

このエコキャンドルはCO2を排出しないことで注目されておりCO2を削減しています。

画像4

各地のイベントでも

旭ジャズまつりのエコキャンドルナイトにも協力しています。

画像5

このエコキャンドルナイトは旭区制50周年記念事業の認定事業にもなっています。

旭料飲の協力しているエコキャンドルは多くのイベントで使用されております。

2019年に協力したイベントは旭区のみではありません。

中区・高島公園

旭区・旭ジャズまつり

泉区・泉キャンドルナイト

栄区・ほっとイルミネーション

南区・光のぷろむなぁど

中区・北仲キャンドルヨガ

こちらのマガジンにまとめています。

 

クラファンサイトのこちらからエコキャンドルをおもとめいただけます。

 

広告
スポンサードリンク

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。