OGAWA

平成28年1月7日市長への意見書


Pocket

平成28年1月7日

林 文子  横浜市長
市民局広聴相談課

横浜市旭区二俣川1-45-44-1F
OGAWA
店主 小川 貴之
070-5543-3797/045-363-5210

いつも活動おつかれさまです。
平成27年12月4日に要望した件につきまして、12月18日付のご回答をいただき
ました。ありがとうございます。また地域の発展、活性化に向け意見と要望が
ございます。どうかお役立てていただけたらと思います。
1.旭区地域振興課地域活動係のホームページの充実化
・「商工業振興」の名称変更
「商店街振興に統一しました」とのご回答いただきました。確認いたしました
ところ「商工業」の名称は消えており、我が意を得たりでございます。「商店
街の活性化」という用語に特化し
て取り組んでくださった議員の先
生方の努力に感謝する一方、「商
工業」という用語を残してきた行
政に対する不快感を拭い去ること
ができません。「商店街をPRす
るページをつくってください」と
の要望に対し、あえて「商工業の
振興」でPRされた背景には旭区
地域振興課地域活動係の組織図の
中に「商工業の振興」という文字
を残してきたことにほかなりませ
ん。「商工業」という用語は2000
年の商工ローン問題を思い出させ
る用語であり、いまわしい過去を
思い出させることにつながります
。現在の行政業務に支障がないの
であれば、公の選挙で選ばれた代
表者が制定した条例でもちいてい
る「商店街」という用語に統一さ
れることを要望します。後世に残
らぬよう横浜市全区の組織図から
「商工業」という用語が消え去る

日がくることを望んでいます。
以下は旭区長ならびに区政推進課長に対し平成27年11月30日に要望した内容で
す。

2

・画像の活用

「地域振興課のメールアドレスに商店街で行われ
たお祭りなどの画像を提供してほしい」とのこと
でした。画像の使用については前向きに検討され
ていると受けとめております。画像の活用につい
ては地図や画像をもっと駆使してほしいと思いま
す。現在は画像が少なすぎるため提供してもどう
せ使ってもらえないのではないかという思いがあ
ります。私に個人的にいわれるよりも、まずは掲
載事例を見せた上で「このようにご紹介するため
の画像データを募集しております」といった公の
告知があったほうが親切です。
ホームページは視覚から情報が入りますので、サ
イトを開いたときに画像
が目に入らないと、このサ
イトはテキストだけのサ
イトなのだと思われがち
です。泉区のように商店
街の様子を撮った画像を
紹介していただけると身
近に感じ親しみもわきま
す。また青葉区のように
ポスター広告は画像も掲
載したうえでPDFもダウ
ンロードできるようになっています。もっと画像を駆
使して親切につくってほしいと思います。特に近年は
スマホが普及しており、スマホで見やすいサイトであ
るとより親切に感じます。
・映像の活用
「映像についてはすぐにはできない」とのご回答でし
た。
都筑区においては区政20周年に向け、2014年に各商店
街の紹介映像を作成いたしました。旭区は平成31年
(2019年)に区政50周年を迎えることになっています
。区政50周年には都筑区に負けないような活気ある商店街映像が作成できるよ
う準備を始めてほしいと思います。その企画の中で「磯子の逸品」のような認
定店舗を訪れる動画が作成できればと思います。「あさひの逸品」は区政50周
年にむけた企画として募集されました。せっかく募集してもらって認定したも
のが埋もれてしまわないように映像を使うことにも前向きに取り組んでほしい
と思います。
・Facebookページの活用
2015年12月10日に旭区役所ササキ様より「セキュリティ問題があり慎重になっ
ているが市民局広報課など立ち上げている局もあり、区で立ち上げることがで
きないわけではない」とのご連絡をうけました。2015年12月9日の横浜市会の
一般質問に対し林文子市長も「横浜市はサイバーテロの標的になりやすく攻撃
をうけている」とのご答弁もありサイバーセキュリティに対しては慎重になっ
ていることがうかがえました。
しかし、どのような点において、どのような攻撃があり、どのような取り組み
が必要なのかが明解ではありません。
神奈川県では「かながわキンタロウ」という神奈川県のゆるキャラを通じて
Facebookページを県の広報活動に積極的に活用しており、神奈川県議会では

3

2015年7月23日よりFacebookページを立ち上げ、議会情報の発信に取り組んで
います。海老名市のように市に情報発信課という部署をもうけてイベント情報
の発信など市の広報をfacebookページにて行っている自治体もあります。各区
で情報発信ができるのであれば、旭区が他の区の手本となるように取り組んで
いただきたいと思います。セキュリティを気にしなければならないくらいに利
用者が多いのですから、きちんとガイドラインを作成したうえで、区民との距
離を近づけることに活用してほしいと思います。
以上が旭区長ならびに区政推進課長に対し平成27年11月30日に要望した内容で
す。
平成27年12月4日付で横浜市長あての要望に対して平成27年12月18日付で旭区
役所地域振興課より「今後、閲覧する方にわかりやすいホームページとなるよ
う取り組んでいきます。」と回答をいただいておりますが、その後あまり手を
入れている様子がありません。本日現在「プレミアム商品券のご紹介」につい
ては有効期間が終了しているにもかかわらずプレミアム商品券が発行される前
の案内のままとなっています。申し上げた通り旭区以外の区では先進的な取り
組みもみられます。旭区で対応しきれない部分があれば市で監視、サポートな
どもいただけたらと思います。
2.横浜市水道局のホームページの充実化「すいどう家計簿」
「インターネット料金照会サービス」のご案内ありがとうございます。システ
ム改修を検討する際には、ぜひ前年・前月比較やグラフ表示の導入もぜひご検
討ください。
https://www.kakeibo.tepco.co.jp
先にご紹介した毎月の電気使用量と料金を始め、省エネアドバイスを確認する
ことのできる「でんき家計簿」なる東京電力のホームページサービスでは、毎
月の電気使用量などのデータが更新されるとお知らせしてくれるメールサービ
スがあります。こちらも利用して便利に感じていますのでシステム改修の際に
はぜひご検討ください。
3.はまあきんどネットワーク事業の充実化
平成27年度全4回のセミナーのご案内をありがとうございます。
第1回 1/19(火)19時 今日来たお客がまた来たくなるまた買いたくなる店づ
くりセミナー
第2回 1/28(木)19時 人が次々とお店に集まって来る!商店街イベント活用
セミナー
第3回 2/ 3(水)19時 低コストで売上アップ確実の「超販促」実務
第4回 2/18(木)14時 誰でも簡単、楽しい店づくりの「へたうまPOP教室」
実務
タイトルが長く感じましたが、案内のレイアウトは大変わかりやすくなってい
て、どれも受けてみたいと思える魅力的な講座内容でした。前26年度をはるか
に上回る気力を感じます。第3回のみ都合がつかないため参加が困難ですが、
ご案内を見てできるだけ参加したいと思い参加を申し込みました。楽しみにし
ています。
4.ガチシリーズとよこはまウォーキングポイントのコラボ
横浜市経済局商業振興課の「ガチシリーズ」事業と横浜市健康福祉局保健事業
課の「横浜ウォーキングポイント」事業の連携した取り組みについて承知いた

4

しました。バナー掲出、売り出しへの協力など相互に事業が紹介しあうところ
から新たな発展や進展がうまれ、横浜市の大きなアピールにつながることを願
っております。
5.横浜マラソン給水所18か所にて各区のアピール
2015年にフルマラソンとして初開催した「横浜マラソン」。大会の特色として
18ヶ所の給水所を設置し、「ランナーを元気づける」をコンセプトに応援パ
フォーマンスを展開するとご回答いただきました。応援パフォーマンスをする
団体については大会公式サイトでの公募とのことでしたが、より楽しめる応援
団発掘のためにも18の各区役所でも応募して各給水所にて各区で選ばれた区の
代表応援パフォーマンスがあってもよいのではないかと思います。横浜市も
18区なので、せっかく18ヶ所に給水所を設けるのであれば区としてのアピ
ールの場を設けることにこだわっても良いのではないかと思っています。
6.横浜国際総合競技場にて高校サッカー決勝開催
2013年度は第92回高校サッカー決勝(富山第一-星陵)の発表観客者数は
48,295人。約5万人収容の国立競技場のチケットが完売するほどの人気ぶりで
した。2014年度より国立競技場新設工事のため高校サッカーの決勝は埼玉スタ
ジアム2〇〇2(約63,700人収容)で行われることとなり第93回決勝(星陵-前橋
育英)は46,316人で発表されています。

本年度開催中の第94回大会では平成27年12月31日第1回戦青森山田(青森)-大
社(島根)戦において、前売り券がかなり売れ前日18時で当日券2000枚程度し
か用意できないくらいに前売り券が売れ、当日券を買えなかった人たちがニッ
パツ三ツ沢球技場(15,454人収容)のまわりにあふれかえるという出来事があ
りました。
サッカーに夢と希望を抱く人たちが増えることにより、今後ますます高校サッ
カーへの人気が高まれば、約6.3万人分のチケットをも完売することになり、い
よいよ国内最大級72,327席の横浜国際総合競技場で開催するしかなくなってき
ます。
2019ラグビーW杯と2020五輪サッカーは我が国での開催が決まっているためそ
こに向けての準備だけに追われがちですが、2022U-20のプレ大会も含め
2023女子サッカーW杯も日本開催を目指しています。
2016年 リオ五輪PV(パブリックビューイング)事業
2019年 ラグビーW杯開催
2020年 東京五輪開催
2022年 U-20女子サッカーW杯開催(目標)カタールW杯PV事業
2023年 女子サッカーW杯開催(目標)
2024年 ??五輪PV事業(2017年決定:ローマ・パリ・ロス・ブタペスト
立候補)
本年はリオ五輪があります。ぜひともPV事業に力を入れてほしいと思います

5

。そしてPVにおかれましては、サッカーはサッカー、女子サッカーは女子サッ
カー、7人制ラグビーは7人制ラグビーといった競技のカテゴリーで集客するの
ではなく、サッカー・女子サッカー・ラグビーをフットボール事業としてとら
え、ラグビーに興味がある人にもサッカーに興味をもってもらえるように紹介
できる枠組みを創設してもらえたらと思います。たとえばサッカーのPVでラグ
ビーのPVの告知をしたり、ラグビーのPVで女子サッカーの告知をしたりして
みてはと思います。そうすることで高校サッカーの大会でも2019年ラグビーW
杯の告知をしたり、高校ラグビーの大会でもなでしこビジョン(2023W杯日本
招致開催)のアピールをしたりするがしやすくなるのではないかと思います。
パブリックビューイング事業、普及促進事業等においては、今後はサッカー・
女子サッカー・ラグビーが相互に活動を紹介し普及啓発しあうことにより長期
的に相互の人気の増進に努めていただけたら思います。
フットボール事業の人気増進により、今後ますます高校サッカーへの人気が高
まれば、最終的には国内最大級72,327席の横浜国際総合競技場で開催するしか
なくなります。
7.新庁舎における市会傍聴席の充実化
新庁舎に議会を移すため議会傍聴席が充実するよう要望いたします。
・傍聴席に机の設置
傍聴メモをとる台のついた座席になるとのこと嬉しく思います。最前列は平面
でメモのとりやすい机状にしていただけたらと思います。デスクライトも貸し
出しがあると便利に思います。
・イヤホン設備の設置
補聴設備等の設置、歓迎いたします。海老名市議会は最前列のみに差し込み口
があるものとなっておりますが、どの席であっても補聴できる設備であればと
思います。
・休憩所の設置
待合ロビーや小規模なリフレッシュスペースの設置、大変うれしく思います。
冷水機も設置していただけたらと思います。
・議案書の貸し出し
傍聴のみでは難しい漢字の名称などが分からないことがあります。
「ご意見として頂戴します」とのこと、よろしくお願いします。
・配置図の配布
本会議場の議員座席表が配布されることはじめてしりました。いままで配布し
ている様子さえ感じませんでした。大和市議会ではかならず配布されています
し、神奈川県議会は座席表も書かれている「県議会のしくみ
」と題するリーフレットをいらないといわない限り傍聴の度
に毎度配布されました。昨
年はそのためこの「県議会
のしくみ」なる小冊子を
5~6冊いただきました。県議
会を知らない子供たちなど
に配布しようかと思ってい
るので、たくさんあるから
といって邪魔に思うことも
ありません。傍聴者に全員配布でもいいとお
もいます。どうしても希望者のみに配布するということにするのであれば、受
付時に「ご自由におとりください」といった感じで用意していただけると親切
に感じます。
・アンケートの実施

6

大和市議会、神奈川県議会では本会議の傍聴者にはとくに断らない限りアンケ
ートが手渡されます。アンケートについても傍聴者に全員配布でもいいとおも
います。よりよい議会を目指してい
るなという印象を受けます。どうし
ても希望者のみに配布するというこ
とにするのであれば、こちらも受付
時に「ご自由におとりください」と
用意していただけると親切に感じま
す。
ホームページにアンケートフォーム
のご案内ありがとうございます。
・Facebookページの活用
2015年7月より運用をスタートした
神奈川県議会のFBページは充実していると思います。「広報の充実に努めてい
る」とのこと、活用されることぜひおすすめします。
・委員会のモニター傍聴・インターネット傍聴
大変利便性にすぐれており、重宝しております。傍聴マニアの間では市議会と
県議会をパソコンで同時に見ることを「二窓傍聴」と呼んでおり、横浜市会と
神奈川県議会の「二窓傍聴」を私も先日、挑戦させていただきました。ネット
をつかった新しい取り組みなどあればお知らせいただけたらと思います。
8.二俣川南口再開発事業記念碑の設置
ご理解いただき前向きなご回答ありがとうございます。
今後も「あさひくん」の普及啓発を応援していきたいと思います。
記念碑設置について具体化することがあればお知らせいただけたらと思います

9. 区民会議の再開と区づくり推進会議の公開
旭区には昭和49年・50年度を第1期とする旭区民会議があります。この会議は
平成22・23年度の第19期まで続き、これを最期に現在は休会という状態で頓挫
してしまっています。
旭区は平成31(2019)年に区政50周年に向けて取り組んでいる事業もあり、二
俣川南口は平成30(2018)年完成目標に総工費約404
億円の予算で再開発事業を行っております。すべて
税金によって事業が推し進められるのにお金を出し
ている納税者の意見ができる会議が開かれていない
状態であり、もどかしく感じています。
住人が住みよい街づくりに意見できるよう、「あさ
ひみらい塾」修了生などにまちづくりに意欲的な区
民に声をかけて、公募というかたちでこの区民会議
を再開すべきと考えます。また横浜市市民局の行っ
ている区民会議交流会にも積極的に参加して、「二
俣川がどのような副都心になってもらいたいのか」
を広く声を聞けるように他の区の区民会議参加者と
も意見交換をすべきと思います。
平成27(2015)年10月7日の横浜市会の局別審査の質
疑でご指摘されたとおり、区長のみが予算権、執行
権をもつ「個性ある区づくり推進費」の運用につき
ましては議会制民主主義の観点から区民が予算に意

7

見できる運用であることが望ましいのではないかと思われます。区づくり推進
費の運用を決める「区づくり推進会議」は市議と区長でおこなわれ区民には原
則非公開となっております。せめてこの「区づくり推進会議」に区民会議に参
加したがる意欲ある区民に傍聴できるようにして区民の意見も聞くことのでき
る運用となることを願っています。
10.「あさひの逸品」事業の継続と経済局「ガチシリーズの連携
市商連と横浜市経済局がおこなっている「ガチ丼」「ガチカレー」「ガチめん
」において旭区には金・銀・銅賞を受賞しているメニューがありますが、今回
はひとつも認定を受けませんでした。旭区をアピールする上でもったいないこ
とだと思っています。「磯子の逸品」では2011年に認定しパンフ作成後、2013
年にも再度、追加認定を行うように募集をいたしました。今回は周知活動の一
環ととらえ、再募集をかけて追加認定を行う流れにしていただければ、受賞店
舗については私が推薦いたします。追加認定の募集をぜひしていただけたらと
思います。区政50周年にむけ経済局の「ガチシリーズ」受賞店舗の紹介に力を
入れることは今後のガチシリーズのアピールにもつながり効果的ではないかと
思います。
11.福祉保健活動拠点の移転・増設
泉区はいずみ中央駅のビル内に泉区社協事務所として福祉保健活動拠点「泉ふ
れあいホーム」が設置されております。多くの人がっ通る場所で告知なども人
目に触れ大変良い場所であると思います。二俣川も南口再開発がおこなわれる
ことになっておりテナント募集もはじまっておりません。駅南口は左近山へ帰
る人たちが通る場所でもあるので、多くの人の目に触れる駅南口の目立つ場所
(旧横浜銀行あたり)に福祉保健活動拠点「ぱれっと旭」が設置されると大変
便利になるのではないかと思います。

12.「スマートイルミネーションあさひ」の開催
旭料飲喫茶事業組合は飲食店から出た食用廃油を集める事業に協力しています
。集めた食廃油で4時間灯すことのできるエコキャン
ドルをつくることができ、そのキャンドルは旭ジャズ
まつりといったイベントで灯されています。キャンド
ルは並べ方次第でアートになりそのアートを見るため
に人が集まります。泉区の「泉キャンドルナイト」に
おいては来場者数1万人超えで発表されるほどの賑わ
いを創出いたしました。模擬店では19リットルの生ビ
ールが16本売れたとお聞きしています。

8

廃油で作られるキャンドルは2011年より横浜市文
化観光局主催でおこなわれている「スマートイル
ミネーション」においても環境未来都市よこはま
を世界にアピールするために使われており、本年
は10月30日から11月3日まで象の鼻パークにて開
催され、有志のボランティアグループ「I LOVE
YOKOHAMA[ハマラブ]」の方々と共に灯させてい
ただきました。
このようなイベントで使われるキャンドルを
OGAWAでも灯させていただいたところ、道行く人
の注目を集めなかなかの評判でした。

 

商店街ぐるみでも灯させていただけないかと思っています。

9

みんなが何気に固めるテンプルなどで捨ててしまいがちな廃油が再利用できる
ことをぜひアピールさせていただくことができたらと思います。この活動がよ
こはま3R夢(スリム)プランに貢献し、環境未来都市よこはまのアピールにつ
なげられたらと思っています。
キャンドルイベントは以下の日程で開催させていただけたらと思います。
2016年8月16日(火)~18日(木)区商連加盟「二俣川銀座商店会」主催
2016年11月22日(日)~24日(火)「スマートイルミネーションあさひ」

象の鼻パークでの「スマートイルミネーション2015」終了後、本年は「スマー
トイルミネーションみどり」と「スマートイルミネーションいずみ」が各区役
所主催で開催されています。旭区におかれましても、ぜひ旭区役所主催の「ス
マートイルミネーションあさひ」を開催させていただけたらと思います。本家
のスマートイルミネーションでは各区で行われるスマートイルミネーションの
告知にも協力してくれているので開催をすることで二俣川へ集客へとつながり
ます。8月に手応えを感じてもらい、11月には多方面からの集客に力を入れて
いただくことで賑わいを創出し、商店街加盟店舗の魅力をアピールすることが
できればと思います。
13.「名前を刻もうプロジェクト」の実施
二俣川南口は平成30年完成目標に総工費約404億円の予算で再開発事業を行っ
ております。駅南口再開発におかれましても、より旭区二俣川に愛着をもって
いただけることをしてみてはと思います。旭区在住の有志の小中学生たちを公
募しモザイクタイルに「二俣川がどんな町になってもらいたいのか」という希
望と名前を刻み、それを地面や壁に埋め込む事業をしてみてはと思います。名
前を刻まれた生徒は二俣川の再開発に携わったことを胸に刻み、街を大切にす
る心を育むこととなり、また数十年後におとずれるであろう再開発にも意欲的
に取り組むことようになることを願っています。

10

14.宿泊施設の誘致
二俣川南口は平成30年完成目標に総工費約404億円の予算で再開発事業を行っ
ております。駅南口再開発におかれまして、より利用しやすい駅となるようシ
ティホテルやビジネスホテルといった宿泊施設を誘致していただきたいとおも
います。私が営んでいるお店ではスポーツを通じて交流していることもあり県
外からの来客もたえません。福島県からのお客様は主に上野に宿をとっており
、香川県からのお客は茅ヶ崎に宿をとることがあり、宿泊地までが遠いので移
動費用がもったいないと感じています。また二俣川の実家に帰って実家に泊ま
れない事情のある人は二俣川以外で宿泊することになり、せっかく久々に地元
二俣川に帰ってきても二俣川以外で交流してしまうことになりがちです。また
横浜・海老名・羽田まで一本で行けるハブステーションであるにもかかわらず
宿泊施設がないがために地方から出てきたビジネスマンの夜のノミニケーショ
ンは終電を気にせざるを得ない状況です。これから渋谷・池袋までつながるこ
とを考えると安心して利用できる駅であってほしいと思います。安心して利用
できることは歓楽街のにぎわいの創出にもつながり、少子高齢化の歯止めにも
つながるものと考えます。どうか駅に宿泊施設を誘致していただけたらと思い
ます。
15.ホール施設の建設
二俣川南口は平成30年完成目標に総工費約404億円の予算で再開発事業を行っ
ております。駅南口再開発におかれまして、より利用しやすい駅となるよう
1000人規模のホール施設を建設していただきたいとおもいます。この二俣川は
県内唯一の自動車試験場のある町として利用されており、ここ数年の二俣川駅
の1日あたりの平均乗降客数は約8万人となっています。また全国初の重粒子線
治療がはじまった県立がんセンターのある町として世界的にも注目されること
となり、海外からも治療におとずれる人が見えられることも予想されています
。ここで医療シンポジウムなど開催すれば国際ビジネスマンも活躍できる町に
もなりえます。現在の横浜・大和・海老名・羽田までのアクセスに加え、今後
は渋谷・池袋までも一本でつながることが予定されています。このような各地
から人の集まりやすいアクセスがある副都心化計画のある町であるにもかかわ
らず1000人規模を収容できるホール施設がありません。1000人規模のホール
をつくり、そこに人を集めようとする努力をすることこそ二俣川をさらにPRす
ることになり、商店街の利用促進と活性化へとつながります。
これから渋谷・池袋までつながることを考えると安心して利用できる駅であっ
てほしいと思います。安心して利用できることは歓楽街のにぎわいの創出にも
つながります。どうか駅近くにホール施設を新設していただけたらと思います

以上

広告
スポンサードリンク

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

広告
スポンサードリンク
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
広告
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。