学歴社会の崩壊はすでにはじまっている


Pocket

学歴社会の崩壊はすでにはじまっている

高校1年前期で不登校となり学校をやめてしまった長男がすでにマネタイズ(収益化)していたことを知ってしまいました。

しかも自分よりも先にネットでのマネタイズに成功していて驚愕しました。

 

 

 

 

 

自分は5G時代には学校教育が崩壊していくとみてますが、まわりはそのように考えてはいないと思い、そのことに警鐘を鳴らすためにnoteというプラットフォームで投稿をはじめたわけです。

現時点で19才未成年の長男本人に「学校は必要だと思うか」と聞いてみたところ「必要ない」とはっきりといわれてしまったのでお金を稼ぐのに高校も必要ないんだなと思い知らされています。

イケハヤさんのご意見には同感です。

自分は25才で起業してから必要になったので2002年に26才で國學院大學法学部に入学し奨学金で通いました。当時は法律知識が必要で勉強させていただき感謝していますが、その後飲食業に転業してしまい今の仕事に学歴が必要だったかを考えると微妙です。

そうですね。必要になったときに勉強したほうが自分の経験に活かせるし利口かもしれません。自分が初めて起業する2001年ですらもう学歴は必要ありませんでした。

起業やマネタイズに学歴は間違いなく必要ありません。

YouTuberのみならず10年前には存在しなかった仕事が誕生し、その仕事は中学生でも供給側に回ることができるようになっていたりします。

こうなると学校で学ばなくても、学校に通っていたとしてもネットを使って学習してマネタイズしたものが時代を先取りできるといえ、収益を上げて生きていくためには学校教育を受ける必要性を感じなくなってきました。吸収力のある学生の柔らか頭で親よりも収益化しやすいし、自分をブランディングしやすいといえます。もっといえば収益化は学校に行きながら学べばいいとも言えます。

何のために学ぶのか

それを求めている人だけが学校教育に身をゆだねればいいと思います。

広告
スポンサードリンク

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。