OGAWA

リブラへの期待


Pocket

昨晩、米国の公聴会でリブラについて意見聴取が行われました。昨晩、フェイスブックが2020年のサービス開始を計画するデジタル通貨「リブラ」についての公聴会が米上院銀行委員会で開かれました。

報道によると、出席したフェイスブックの担当幹部は、各国政府と協調し消費者保護や金融システムへの影響に配慮するという姿勢を示したとのことです。スイス当局がサービスの監督を担い、米国など他国の規制にも従う意向を示したとのことです。

我が国の財務省も、12日に金融庁や日銀と「リブラ」に関する連絡会を設置したと報じられています。今後は米国同様、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などのさまざまな論点について議論されることが想定されます。

私見はリブラはドルに変わる世界的な基軸通貨として発展していく期待をもって見ています。たしかにマネロン対策など慎重に進めねばならない部分はあるので今後行われる会合での議論には注目したいと思います。

ごもっともでございます。どこかの国が始めれば格国に導入されていくことは予想されることでしょう。

通貨発行権を持つ国家は紙幣を印刷すれば借金を返せるため、財政赤字で国は破綻しないとする詭弁とも思えるMMTなる理論があります。自国通貨発行権を保有する政府は物価上昇率が過度に高まらない限り積極的な財政支出を重視する理論なわけです。

この理論の提唱者のケルトン教授が来日し、話した内容も話題になっています。女性なんですね。

ケルトン教授は日本の経済政策に関し、「日本がMMTを実践していると述べたことはない」としたものの、「財政赤字が金利上昇をもたらさないことや、量的緩和が急激な物価上昇をもたらさないことなど、MMTが正しい点を世界に証明した」としています。よりMMTと整合的な形で「財政支出を拡大していれば、今よりも高い経済成長率を達成していた」といっています。

すごいことを考えて理路整然と理論として提唱してしまうところがまたすごいです。

リブラが世界的な基軸通貨として運用されることになればこの考えは通用しなくなると思います。

本日からフランスで開催される先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議でも主要議題となりそうなので動向に注目したいと思います。

国の力で規制できないスマホ世界

#藤原和博 先生は著書「 #10年後君に仕事はあるのか 」の中で2020年の大きな変化は5Gの到来により世界の #50億人 がスマホでつながるといわれています。これからもっと #面白いこと が起きそうな予感がしてワクワクしてきます。

「リブラ」の影響力

#Dr.苫米地 さんによると #facebook が最近発表した「 #Libra 」がドルを超える #基軸通貨 になるとし、世界中の #民間銀行 が #経営危機 になるとしています。

#ブロックチェーン はお金がほとんどかかりません。 #ソフトウェア に勝手に管理させればいいわけですから。さらに #AIプログラム によってものすごく簡単な与信ができるようになってしまいますから。そうなると #中央銀行そのものが必要なくなり世界中の民間銀行が経営危機におちいるというのが苫米地さんの考えです。

というのもアカウント数の規模が全然桁違いなのです。
全世界27億人のユーザーを対象となっているのです。
#円 は1億3000万人、#MUFGコイン は3400万人が対象になります。 #ネットで利用される通貨ははるかに利用人数の規模が違います。#世界60億人 とすると世界中の半分の人が利用できるわけです。

その規模で個人向けの #マイクロレンディング のような #貸付業務 をはじめればFBのような #帝国企業 が #信用創造 をおこなうことになります。不動産業者でも参入して貸付業務でも行うことにでもなってきたらそれこそ事実上の銀行に相当する行為を行うことになってしまいます。そうなるとドルを超える基軸通貨になってくることは間違いありません。民間銀行がこれまで独占してきた通貨を用いた信用創造が独占できなくなるということでもあります。

世界の基軸通貨誕生の影響力

世界の基軸通貨になることに関しては #イケハヤ大学 の #イケダハヤト先生も予測しています。そして #Google 、 #Apple 、 #Amazon といった帝国企業も今後同じような手を打って参入してくるとみています。

このような流れにすでに反対を唱えている議員もおり、イケハヤ先生も政府は強固に反対してもおかしくはないとしています。そのため2021年でも日本での実用化は厳しいのではとみています。

しかしここで反対したとしても似たようなものは常に開発されリリースされていくので、 #テクノロジー は #資本主義 を加速させていくとしています。イケハヤ先生によるとリブラのようなものが普及することで、世界はもっと自由になり、拡張される自由を楽しみましょうと締めくくっています。

#苫米地先生 もやはりおなじように #GAFA のような帝国企業は当然参入してくるとし、#世界のトップ10 の銀行も参入してくるとみています。日本では #みずほ銀行 ですら1社で太刀打ちできないので #三井住友 と合併して参入してくるだろうと考えているみたいです。

銀行が独占してきた信用創造が企業できてしまうことになってしまいます。

日銀は #量的緩和 と称して #買いオペ という役に立たないことを続けてきました。これが完全に意味ないことになると見ており、政府が借り手として財政赤字を出すことで民間銀行が信用創造をしているとするカラクリが通用しなくなってしまうと見ています。

#バーゼル規制 とか不要になってくるのでしょうか。
#G20 が嫌がるのも無理ありませんが時代は常に動いています。

企業が国家を動かす?

これだと帝国企業が国家を動かすというか、振り回していくように見えてきます。しかし企業が国家を動かしていくなんて話は #TTP交渉 でずっと言われてきたことですし、この流れも時代の流れと受けとめて新しい時代はどう動くのか楽しみに見ています。

民間銀行の信用創造の独占は破壊されていくことになります。富と権力の集まりでつくってきたウォール街の意見の代理であるFRBも帝国企業に太刀打ちできなくなってくる絵も想像できてしまうくらいの破壊力です。

「仮装通貨」から「暗号資産」へ

日本でも資金決済法で「 #仮想通貨 」という用語を使ってきたものの「 #通貨 」として認めない流れになっているようで「 #暗号資産 」という用語に変える流れになっているようです。#苫米地先生 によると、いま国会で審議されている法改正では「仮装通貨」と呼ばずに「暗号資産」という名の有価証券として金商法の扱いにする流れになっており、そうすると私募ができなくなる規制になったままなので、アメリカでいうところの #レギュレーション D のような #規制緩和 がないと #ICO市場 は日本では完全に消えると解説しています。

ビットコインの上昇

ここのところの #ビットコイン が再び上昇しています。

そのきっかけは #中国深圳 にあるとし、ビットコインの売買を禁じている中国でなぜ国民が売買しているのかについて #モーサテ が話題にしていたので興味深く拝見させていただきました。

それによると #ケイマン諸島 に交換所をつくりそこの #交換所 を使って取引をしているからというものでした。 #ホリエモン は著書「 #多動力 」の中で産業の壁はとけてなくなるとしていました。 #産業の壁 もなくなり、 #国も超えて取引 できるようになっていよいよ #5G時代が到来 します。

悪あがきしない国家に期待

ビットコインの変動でもわかる通り、どんなに規制をしてもスマホで国家の壁を乗り越えられる時代です。
エロ画像を見るために国内にサーバーを置かないなんて脱法行為を見つけては新たな規制をつくり、また脱法行為を見つけ…のいたちごっこをするよりも素直に受け入れて自由競争に勝つためにはどこに注力すべきかを考えていくのが賢明ではないかというのが私見です。

広告
スポンサードリンク

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

広告
スポンサードリンク
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別更新情報

広告
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。